小陰唇縮小手術について | トレーニングで簡単に膣のゆるみを解消|段々骨盤底筋が鍛えられる

トレーニングで簡単に膣のゆるみを解消|段々骨盤底筋が鍛えられる

女性

小陰唇縮小手術について

レディー

婦人科の形成外科では、女性のコンプレックスを解消するための様々な手術を行っています。女性が感じているコンプレックスの中には、小陰唇肥大があります。小陰唇肥大とは、大陰唇から小陰唇がはみ出してしまうことをいいます。はみ出してしまうと、生活の中で性器に違和感を覚えたり、性器にばい菌が繁殖しておりものが増えたりします。このようなコンプレックスを治すためには、産婦人科の形成外科で手術を受けましょう。そうすることによって、毎日の生活を快適に過ごすことができます。手術を受ける方としては、デリケートゾーンの黒ずみや臭いが気になる方や小陰唇の形を綺麗にしたい方が多いです。なので、気になる方は一度産婦人科の形成外科でカウンセリングを受けてみてください。中には、手術をしなくても解決することができる場合があるので相談してみてください。産婦人科の形成外科では、短時間で手術を受けることができるので安心です。また、カウンセリングの際に小陰唇をどんな形にするのか相談してから手術を行います。手術では、高周波のメスで大陰唇から飛び出している小陰唇を切除するだけなので、体の負担はほとんどありません。後は縫合するだけで小陰唇縮小手術の手術は完了します。縫合で使用する糸は、身体の中で溶けるタイプの糸を使用しているので安心してください。しかし、人によっては糸がなかなか溶けない場合があります。その時には、すぐに病院で抜糸してもらうようにしてください。